匿名でできる不動産売却査定サービスが増えている

通常、業者に不動産の査定を依頼する際は、詳細な個人情報を伝えなければいけませんでした。
まだ先の話なのに、断ってもしつこく勧誘されることを嫌い、気になるのに査定を頼めないという方もいたことでしょう。
しかし近頃は全く個人情報を必要とせず住宅価格の見積りをしてくれるサービスもあります。

もし不動産の売却を予定されているのでしたら、匿名の査定サービスを活用してみるのもいいでしょう。
所有者が一人ではなく数人の人が名義人となっている不動産物件は、販売するにあたっては、共有名義者のうち誰か一人でも反対する人がいると売却することが出来ないので、全員が承知しなくてはなりません。

共有者は揃って実印の押印と署名をするものと定められているので、複数いる名義者のうちの一人が勝手に処分するというのは不可能です。

もっとも特定の名義人が本人が権利を持っている割合だけを売り渡すことも可能とされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して売りに出さなくてはなりません。

不動産売却時に必ずリフォームしなければならないとは限りません。

仮に何百万もつぎ込んでリフォームしたところで、それだけ売値がアップする確証も何もありません。

あえてリフォームするのであれば、購入希望者が内覧に来たときに目について影響しそうな箇所をメインに行うのがコストを抑えられるでしょう。

それと、明るくて広い部屋に見えるよう、汚れや余計なものを取り除いておくと過剰なリフォームは不要です。

新築の一戸建てやマンションについていうと、分譲後2年ないし3年目くらいから10年ころまでゆっくり値段が落ちていくのが普通です。
しかし毎年下がっていたのにもかかわらず、10年を過ぎると値段がそんなに変わらないのです。

税制面でいうと、居宅売却や買い換えの際の税率優遇措置が受けられる要件は、所有期間が10年超となっていますから、買い替え、売却等を予定しているのであれば、築10年を経過したあたりが最適なタイミングと言って良いでしょう。オープンハウスを開催すると地域の潜在顧客を集めることが可能なので、マンションの場合は特に買い手がつく確率が高くなります。

ただし、オープンハウスの長所が短所となる場合もあります。たとえばどの家が売り出し中なのかが周辺に筒抜けになるので、開催を敬遠する人もいます。近隣への広告チラシの配布は避けられませんし、価格や間取りの入った看板なども置かれて注目度は著しいですから、静かにひっそり売りたい方はそれなりに負担になるかもしれません。一般的には、不動産売却のとき部屋の退去の時期については売る側の好きに設定することができます。ただ、どちらかと言えば、売り出し時点から空いていた方がより高額に売却することができます。

内覧時に住居人がいると、購入希望者からも嫌われる要因になってしまいますので、できることなら早期に退去しておいた方が好条件を生むことが多いです。まだローンを完済していない家を売却するなら、売るための手続きをする以前にローンを完済することが大前提となります。全額なんて到底無理という場合は、売却代金での返済を最優先することを条件に債権者と話し合い、任意売却を認めてもらうようにします。借主が債権者に対し任意売却の申し立てをするのは困難ですし、時間ばかりが経過してしまいます。

こうした任意売却を専門に扱う会社や法律事務所のサポートを得て、手続きを代行してもらうのが普通です。新居購入に際して組む住宅ローンでは、貸し付けの開始は建物が出来上がってからというのが一般的です。

ということは、購入した注文住宅の建築が始まって終わるまでの間に工事の着工金などの費用が必要になれば、ローンとは別に手元に準備しなければいけません。元々住居としていた物件を売却したお金があれば都合をつけられるでしょうが、買い手が見つかる前にお金が必要になるかもしれません。

そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。普通では気付けないような欠陥を買い手側が購入後に発見した場合は、売り手側は瑕疵担保責任を負います。

これにより、売り手側にその修繕を求めることができます。
不動産会社が売り手の場合、この適用期間は必ず2年間以上を設けなければなりません。

しかし、両者が個人同士である取り引きにおいては期間についての規定が特別ありません。

一切その期間が用意されないことも日常茶飯事です。普通に中古市場で住宅を売る際は、売買を仲介する業者を選択、物件の評価、売り値を決め、媒介契約書にサインし、販売活動、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、売買契約、引渡しと代金の精算を行い、売買が終わります。

気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、販売開始から買手が決まるまでの期間にもよりますし、居住中なら引越しも勘案しなければなりません。業者との媒介契約は3ヶ月間と決まっているので、一度契約をしなおしたとして、6ヶ月以内が勝負でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です